ドラクエ10 魚1匹アストルティア放浪記

ソロプレイを中心としたドラクエ10のデータを公開中。

カジノ修正に思うところ

昨日(1月15日)にマジンガ様登場とともに、カジノレイドが大幅に修正されました。
さっそくカジノへ行ってみると、オープン当時なみの盛況ぶりに驚きました。

特に、問題となっていたポーカーは2階はほぼ全サーバー満席と、
これまでの閑古鳥が嘘のように賑わっていました。

最初はVIPポーカーで、順調に3万枚ほど増やしたところ、
そこから一気に急降下・・・
1時間ほどいたもののレイドはなく、2階へ。 

なんとか40番代のサーバーに空きを見つけてスタート。
こちらは開始1時間で2回のレイド!
だが、そこから2時間以上もレイドがなく、
さらに、DUも勝率2割を切るまさに地獄でした。

その後、1時間ほどで3回のレイドとフィーバータイム開始!
(赤箱からでしたが、この3回のうち2回は自分で引き当てました♪)

最終的に4万枚ほどのプラスとなり、レイドで左役が一度も引けなかったわりには
成功といっていいでしょう。
ただ、役のそろわなさとDUの連続負けはさすがに堪えました。
赤箱を開けるだけで数千枚減ることも珍しくなかったですし。


さて、今回のカジノ修正についてですが、
景品追加を除くと2.2でのテンションアップ値の仕様変更以来の、
規模としては最大の修正でした。
特に、カジノ最大の売りといっていいレイドについてここまで公表されるとは
夢にも思っていませんでした。
きっかけとなったのが「逆天井」と呼ばれている、
ポーカーの島単位で合計がマイナスで一定値を超えるとレイドが確定するという使用を利用して、
8人全員でわざと負けてレイドで稼ぐというものでした。
運営側としては、負けているプレイヤーへの救済策として組み込んでいたようですが、
それを逆手に取られ、安定して短時間でコインを増やせる攻略法として使われてしまい、
今回の修正となったようです。

ここで一つ思うのが、この「逆天井」ですが、
負けているプレイヤーに対する救済とは言い難い仕様だったのではないかということです。
理由としては、
・ あくまで島単位なので、負けている人がいても他の7人を含めたトータルがプラスであれば、
 救済としてのレイドは発生しない。
・ 勝てない台であれば、場所を移動することが多く、コインを減らしたプレイヤーではなく、
 他のプレイヤーがレイドを出してしまうとただの負け損であること。
救済だけであれば、箱からの総枚数による、
いわゆる「天井」だけでよかったのではないでしょうか。

そして、逆天井が攻略法としてなりたっていた最大の理由は、
「レイドで入手できるコインの期待値が一人当たりに必要な負け枚数を大幅に上回っていること」
これに尽きると思います。

ただ、今回の修正では異常なレイド率のおかげで安定して増えるようになっているので、
近いうちに下方修正が入るのは確実だと思っています。
でも、レイド率をさげるのはいいと思いますが、

DUの成功率だけ据え置きはやめてください(切実) 

しばらくの間はこのレイド祭りを楽しませていただきます(`・ω・´)

P.S. 勝ったコインの一部は神秘のカードに交換したところ、
   すべてリーネ様に一瞬でゴミにされましたorz
    あと、カジノ修正による最大の被害者はマジンガ様でしょうw 

王家の迷宮で13層まで2週して開けたうつしよの箱

Ver2.4になってから、アナザー1層~13層まで2週してきました。
なんでVU直前に13層クリアしちゃったんだろう(´Д⊂)

ともあれ、以下が入手した箱とその結果です。
・ 銅箱:89個
   福引券1枚…33
   福引券2枚…11
   魔法の聖水…13
   世界樹の葉…7
   メタスラのコイン…9
   イエローオーブ…1
   グリーンオーブ…1 
   ブルーオーブ…3
   パープルオーブ…2
   黄金のブローチの破片…3
   バズズ強のカード…1
   輝石のベルト+2…5
・ 銀箱:57個
   福引券2枚…11
   福引券3枚…6
   魔法の聖水3個…8
   世界樹の葉…2
   メタスラのコイン…9
   はぐメタのコイン…2
   イエローオーブ…1
   グリーンオーブ…3
   ブルーオーブ…3
   パープルオーブ…2
   黄金のブローチの破片…1
   ドラゴンガイアカード…1 
   バラモスのカード…1
   キングヒドラカード…1
   輝石のベルト+2…2
   輝石のベルト+3…4
・ 金箱:27個
   魔法の聖水5個…1
   メタキンのコイン…1
   イエローオーブ2個…2
   ブルーオーブ2個…2
   パープルオーブ2個…2
   黄金のブローチの破片…3
    ドラゴンガイアカード…1
   バラモスのカード…1
   キングヒドラカード…1
   輝石のベルト+2…9
   輝石のベルト+3…7
・ 竜箱:3個
・ 天箱:2個
・ 闇箱:3個

全体的にばらけた感じがします。
カードはやや減ってきてるかな?

ゆめみの化身は現在レベル9になりましたが、
闇箱を落としたのはレベル7の時の1回のみでした。
レベルが上がればもっと出るようになるのだろうか。
ちなみに、入口の大臣に輝石を捧げて化身がでなかったことはなかったです。
捧げないで出たのはわずかに1回だけでした。

そして、よく使っている輝石のベルトにめざめの秘石を使った結果…
輝石のベルト1



 














輝石のベルト2





 












輝石のベルト3


 
















全部微妙な結果となりました(´・ω・`)

P.S. ゴールドフロアは最大のトラップです!
 

ビンゴで18枚×2回やってみました。

2アカウント6キャラいるので、
毎週1キャラ分ずつ18枚のビンゴをやっている。

今年に入って2キャラ分、カジノの香水ありで過疎サーバーでやってみた結果、
次のようになった。

1キャラ目
・ 総ビンゴ数:48
   最大:5、最小:1
・ 総コイン数:12,739枚
・ はぐれメタル1回、キングスライム0回

2キャラ目
・ 総ビンゴ数:52
   最大:7、最小:1
・ 総コイン数:17,167枚
・ はぐれメタル0回、キングスライム2回

1キャラ目では前半は3ビンゴ以上が連続して調子がよかったが、
途中から一気に失速、ほとんど1ビンゴしか当たらなくなった。
ビンゴ数が減ったあたりから参加者が増えていたけど、関係あるのだろうか?
2キャラ目では5ビンゴ以上が3回と大きく稼げた回が多かったおかげで、
1回平均1000枚程度を稼ぎ出せた。

 これまでの体感上、ビンゴ1枚当たり6~700程度かと。
今後は、モンスターの出方まで調べてみようかな。

新転生はどれくらい出会いやすい?

2.4で追加された転生モンスターは出会いやすいとのことで、
どのくらい会えるかを調べてみました。

対象はメルサンディ穀倉帯のニードルうさこ。
ニードルうさこ






 










以下の条件でどれだけ出会えるか(倒せるか)を調べてみました。
・ 奇跡の香水で1時間、ニードルマンを倒し続ける。
・ 魔物使いはなし
・ 見逃しはしない

その結果はこちら
・ 戦闘回数103回中28回遭遇
ちなみに、倒した数は画像のとおり8回。

およそ30%ほどの確率で出会うことができました。
これまでの転生モンスターに比べるとはるかに高い遭遇率です。
まあ、その代わりにほとんどが1~2ターンで逃げるので、
討伐数は少ないです・・・

あと、この調査中にドラゴンキッズとも一度だけ戦闘になったのですが・・・
リトルライバーン



 














出ちゃいましたよ、リトルライバーン

こいつとはこれで3回目なんですが、
全て狙わずに会ってるんですよ。
キャラクターによって相性とかあるのかな・・・

ちなみに、 モッツァレーラも同じ調査をしていたのですが・・・
途中で寝落ちしてしまいました(´・ω・`)
ただ、体感はうさこと同じぐらいだったかな?
うさこより弱い分、倒した数は多かったですが。

死のカラステングも含めていつか再調査したいと思います。

ちなみに、2.3までに登場した転生モンスターについては、
後日、調査結果を載せますので、今しばらくお待ちください。 

バージョン2.4での登場モンスター紹介

Ver2.4では、夢現編第3話まで含めて新たに10体のモンスターが追加されました。


まずは、通常モンスターでは過去作品にも登場していたアンクルホーン
アンクルホーン
















新エリアである悠久の回廊で最初に戦うことになります。

そして、コンテストで選ばれた転生モンスターが3体。
いずれも、偽レンダーシアのみに生息しています。

まずは、フォンデュの転生モンスターのモッツアレーラ
モッツァレーラ
 















 そして、ホークマンの転生モンスターの死のカラステング
死のカラステング 
















2体ともコニウェア平原なので、
香水を使って続けて出会うのがお勧めです。

そして、最後にニードルマンの転生モンスターのニードルうさこニードルうさこ


 













 
 3体とも通常が魔法の小ビン、レアがおしゃれアイテムになっています。
これまでの転生モンスターよりはるかに出会いやすくなっているので、
プチ香水1つでも全部会うことも難しくありません。
ただ、メタル以上に逃げるんですよね・・・

そして、レンダーシアでの物語を締めくくるボスが3体登場します。
ネタばれになるので画像はなしで(^^

悠久の回廊を抜けた先にある奈落の門で3連戦となります。
Ver2のラスボスだけあり、かなり強いです。
サポのみでもなんとか勝てますので、自信のある方は挑戦してみては?

さらに、魔法の迷宮ではプチバラモスとプチキングヒドラが追加されています。
・ プチバラモス
プチバラモス
















・ プチキングヒドラ
プチキングヒドラ
















これまでのプチ同様にかなりマイルドになっています。
今のところはカードの入手方法がカジノで通常と交換しか方法がないため、
レンダーシアで拾っていないカードが残っていれば楽ですが、
そうでなければ、王家の迷宮で出るのを期待するのが一番でしょう。

最後は、2.4で配信された3つのクエストでそれぞれ1種ずつ登場しています。
クエストはこれから夢現編の続きやレンダーシアもあるので
どんどんモンスターも追加されていくでしょう 。
そういえば、カンダタクエも残ってますね(・ω・)

これで、モンスター図鑑は全771体となりました。
1つ????がありますが、ほぼ間違いなくキラーマジンガでしょう。

 Ver3までに800を超えるかな? 
人気ブログランキング
1日1回クリックお願いします。
別ウィンドウで開きます。
スポンサードリンク
ドラゴンクエストモンスターパレード
ドラクエ関連書籍


スポンサードリンク
Twitter
ブログランキング
ブログ村