チムクエで魔女グレイツェル強に4回勝利が来ていたので、

サポのみで魔女強に何戦で4勝出来るかに挑戦してきました。
魔女
 

ただ、魔女強は毎日の日課にしているので、特段変わったとこはないわけですが・・・

 

さて、魔女強での構成ですが、

前回の記事では、自分バトルマスターにサポがバトルマスター・僧侶2の構成で挑んでいたわけですが、

今回は、先週の達人クエスト「圧勝の悪夢の右手強」と同じ、

自分が踊り子で、サポが踊り子・旅芸人・僧侶の構成です。

 

スキル設定

自分のスキルは、うたを100にしてよみがえり節を使えるようにしておきます。

2階の敵を片づけるまでに、僧侶か旅芸人が倒されてしまったときの保険です。

武器は短剣150にしておけば、武器はお好みで大丈夫でしょう。

ただし、攻撃力が400以上は欲しいところです。

 

耐性は即死と踊りが必須、できれば幻惑ガードも欲しいところです。

からだ上を呪文ガードにしておくとより安全です。

 

宝珠については、ヴァイパーファングの技巧とおたけびの技巧のレベルを最大にしておきます。

持っているなら荒神の舞の閃きもあると戦いやすいです。

 

サポート選び

僧侶については、即死ガードと踊りガードが100%のキャラを選択します。

あとは、HPと回復魔力の高さくらいです。

踊りガードは最悪なくても大丈夫ですが、即死ガードは必須となります。

 

旅芸人は棍装備で戦いのビート持ちを選びます。

耐性については、僧侶と同じです。

サポートの中では一番条件が緩いので探しやすいです。

 

最後に踊り子ですが、耐性は他と同じで即死と踊りが100%を探します。

ただ、踊りガードは優先順位が低いので、他の条件を満たしていたら十分です。

そして、スキルは踊りと短剣が150、右手に短剣装備を探します。

あとは、HPが500以上、右手の攻撃力400以上が理想です。

正直、これだけそろったサポートはなかなかいないので、根気が必要です。

どうしても見つからない場合は、ステータスはもう少し低くても大丈夫です。

 

序盤

いよいよ戦闘ですが、作戦は踊り子が「ガンガンいこうぜ」、旅芸人が「バッチリがんばれ」、僧侶が「いのちをだいじに」にしておきます。

最初は旅芸人の戦いのビートを受けられる距離で、魔結界を2回します。

この間に、サポ踊り子は2階に上がりリリパットとダークペルシャを攻撃し始めるので、

戦いのビートを受けたらサポ踊り子とは逆側のリリパット達を倒しに行きます。

 

ここで、高確率でサポ踊り子が倒されてしまいますが、

僧侶と旅芸人が2人とも生きていれば勝手に生き返らせてくれるので、

リリパットとダークペルシャの殲滅に専念します。

 

リリパットとダークペルシャは、バイキルトが入った状態であれば、

ヴァイパーファングで毒状態+タナトスで倒せます。
魔女_雑魚
 

片側を倒し終えると、釜からトマトが呼ばれ始めますが、

魔女が遠くにいるか、2匹以上残っているなら先に殲滅しに行きます。

残っているのがリリパットのみであれば放置していてもいいでしょう。

ここまできたら、次は魔女を倒します。

 

魔女グレイツェル強撃破まで

魔女はまずヴァイパーファングで毒状態にしておき、

サポ踊り子と2人でタナトスハントでひたすら攻撃していきます。

その間、トマトは無視しておきます。

 

2人で攻撃を続けていれば、ミラージュボディを使われる前に黄色になるので、

黄色になったところでおたけびを入れます。
魔女_おたけび

高確率でおたけびは成功するので、そこでさらに攻撃を畳み掛けます。

魔女が復帰するころには既に赤文字になっているので、そのまま攻撃を続けます。

再度、ミラージュボディを使われそうになっても、

その前に怒り状態になることが多いので、ひたすらタナトスハントでの攻撃を繰り返していけば、おたけびからの復帰後に1度行動されるくらいの間に倒し切れるでしょう。

 

もし、最初のおたけびが失敗して魔女ABが呼ばれたら、

その時は、もう一度おたけびをして怯ませます。

この時に、魔女強を含めて2体以上怯ませられれば、勝機はあります。

呼ばれなかった時と同じように魔女強に集中攻撃をして倒してから、

ABを1体ずつ同じように倒していけば大丈夫でしょう。

 

あとは、バイキルトの効果時間に余裕がありそうなら、

旅芸人の作戦を「ガンガンいこうぜ」に変更しておくとより倒しやすくなります。

 

魔女の釜&ハートボイルド

魔女を倒し終えたら、次は体制を整えながら、魔女の釜に攻撃を仕掛けていきます。

ここで、旅芸人の作戦は「ガンガンいこうぜ」にしておくといいでしょう。

トマト殲滅と魔女の釜に対する大切な火力となります。

ただ、この構成だとハートボイルドを呼ばれずに釜を倒し切るのはほぼ不可能なので、

黄色になったら、ハートボイルドに備えます。

ここで、必殺が来ていたら使わずに温存しておくと安全です。

 

ハートボイルドを倒すまでに、トマトが湧き続けるため、

即死ガードなしでは、ここで確実に崩れてしまいます。

そのため、即死ガードは必須にしています。

 

ハートボイルドが呼ばれたら、釜は置いておいて、先にハートボイルドを倒すため、

ナイトメアファングかヴァイパーファングで毒状態にします。

必殺が来ていたら、毒状態にしてから発動させておきます。

この段階では、サポ踊り子と旅芸人は釜の攻撃へ向かっているので

急いで釜よりもハートボイルドのHPの割合を減らしに行きます。

 

ただ、黄色になった時点で、怒りが自分に向いてしまうので、

巻き込みを避けるために、怒り状態にしたらすぐにサポから離れるようにします。

ここでほぼハートボイルドに倒されてしまいますが、

旅芸人か僧侶がすぐに生き返らせてくれるので、

またすぐにタナトスハントで攻撃をしていきます。

 

上手く魔女の釜よりも先にハートボイルドのHPを赤にすることが出来れば、

サポもハートボイルドに攻撃を始めてくれるので、

こうなれば全員が固まってやられない限りは勝てます。
魔女_ハートボイルド撃破

ハートボイルドさえ倒してしまえれば、あとは釜と残ったトマトを倒して完了です。

 

結果

討伐タイムは4分~5分程度。
魔女撃破
画像は、4勝目の時のものですが、一番遅かったです。
 

魔女ABが呼ばれた場合には、プラス1分といったところです。

ちなみに、4勝するまでに全部で8戦ほどかかりました。

勝率5割といったところです。

まあ、いつもこのくらいの勝率です。

ちなみに、敗北の原因は、

開始直後の2階の敵が残っている状態で、僧侶と旅芸人が倒されてしまったことが2回、

ハートボイルドにより一気に壊滅したことが2回でした。

魔女ABは2回ほど呼ばれましたが、2度とも倒すことに成功しています。

そのうち1回は、ハートボイルドに全滅させられましたが・・・

この負け方が一番堪えます。 orz

 

ちなみに、ここ数週間は、この構成でレンダーシア強ボス6体+ラズバーン強を回っているのですが、魔女以外もかなり安定して戦えています。

ヘルバトラー強は、悪魔神官が大量に呼ばれてしまうと厳しいですが。

 

ああ、ここまで書いて気が付いたんですが、

扇を150まで振っておけば、魔女を倒した後ももっと安定できるかもしれません。

今度試してみようと思います。

 

それにしても、魔女強の戦闘は面白いですね。

こういった戦闘がもっと増えるといいんですが、

今後の強ボスで何か来ないかな?


ドラゴンクエストXランキングへ