ども~、残念魚ことウェイルです!

 

昨日に引き続いて、カジノとの歴史を振り返ってみようと思います。

 
   
 

 

前回分はこちらから:カジノ今昔物語 ~創世記編~

 

なかなかVIPライセンスのコイン2万枚まで届かない日々・・・

そこで聞いたのが『絆ポーカー』というもの。

 

この絆ポーカー、時期によってやり方が変わってきていました。

知っている限りでは3つかな。

 

この段階で聞いたのは、初期の絆ポーカー。

方法は至ってシンプル。

8人集まってポーカーをしていくわけですが、

狙っていくのは左側の役。

つまり、4カード以上の役を作っていくことが目標となります。

ポーカー
VIPライセンス

4カード以上だと、その卓全員のテンションが上がるので、

そこを狙って稼いでいく方法です。

テンション時は役が作りやすく、当たった時のコインも増えますからね。

 

なので、通常は4カード以上の役を作ることに専念して行くことになります。

 

基本的に、通常時に賭ける枚数は自由。

テンションが来たらMAXまで賭けて増やしていきます。

 

大体、1時間を目安に行われていて、

最初の頃は、1人2~3回はテンションアップが来ていたかな?

多い人だと10回近く来ていた人もいましたね。

 

ただ、徐々に4カード以上の役が当たりにくくなり、

次第にこの絆ポーカーの募集は消えていきました。

 

まだ募集が多かった頃に、なんとか2万枚まで貯めて、

VIPライセンスを取ることが出来ました。

 

ただ、絆ポーカーの募集が終わってしまってからは、

稼ぐ方法を失い、それまでに貯めていたコインも使い果たし、

また「0」からの再出発を繰り返していました。

 

特に、レンダーシア強ボスが登場してからは、

レンダーシアの強ボス3体でオーブを入手。

(当時はやる気のジャーミィとヘルバトラー強は未登場でした。

 さらに、強戦士の書もなかったので、現地まで走っていって戦っていたんですよね。)

 

オーブは全部売って大体4~5万ほどになっていたので、

そこから2万ゴールドを使ってコイン1000枚購入。

そのままVIPルーレットで数字10ヶ所に賭けていました。

当たれば3600枚になるので、1500枚でメタルな香水と交換。

残りはルーレットで適当に賭けてみて、

勝っても負けてもそこで終了。

こんな感じで過ごしていました。

もちろん、ほとんどが負けで終わっていたので、ほぼ毎日コインを買っていた形でした。

 

当たった日には、メタル香水を持ってコニウェア平原へ。

タコメット&マリンスライム狩りでレベル上げをしていました。

これを全職業レベルカンストまで続けていました。

 

そして、徐々にカジノから離れるようになっていました。

カジノの景品に『魔法のじゅうたんプリズム』が登場するまでは・・・

魔法のじゅうたんプリズム
 

意外と長くなって、逆天井の話までたどり着けなかった・・・orz

次回は、新たなる絆ポーカーにVIPポーカーのお話からになります。

 


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
少しでもお役にたったなら、ポチッとお願いします。