ども~、残念魚ことウェイルです!

 

前回のカジノ記事からすでに10日・・・

空けすぎました orz

 

前回は、ポーカー&スロットの仕様変更と大緩和、

そして、徐々に締め付けられていったところからですね。

 
   
 

この頃、カジノへは土曜日のみ行くようにしていました。

そして、毎週100個のおみくじボックスを開けることを目標に、

VIPスロットで20万枚以上稼ぐまで終われません!

的な今考えると何やってんだ?ってことを繰り返していました。

 

VIPスロットでは、通常は各ライン100枚掛けで、

テンションまたはメタルスピン中のみMAX賭けでやっていましたが、

大体、1時間で45万くらいは稼げていましたね。

 

通常時は減り続けるものの、特にメタルスピン中に数万枚増やす。

これで5~6時間ほどかけて、

毎週20万枚以上を稼ぎ出していました。

 

うん、この時期はこんなことをやっていても誰からも声がかからないほど、

完璧なボッチでしたからね(´・ω・`

 

そして、おみくじボックスで当たった福の神・レアボスを野良持ち寄りで回し、

これが当時の唯一の金策になっていました。

よくよく考えてみたら、今も変わってないような・・・?

 

そして、しんぴのカードはひたすら合成して、

欲しい効果の理論値は全て作り切りました。

 

魔塔の登場により、

この数か月後には、ゴミになるとは思ってもいませんでしたが orz

 

こんな感じで、Ver2時代はカジノメインで過ごしていた形です。

 

そして、Ver3へ突入。

すごろくの登場により、カジノコインの相場が一気に崩壊していきました。

すごろく_カジノ
 

これまで数万枚稼ぐのも大変だったわけですが、

それがノーリスクで簡単に稼げるようになったわけですから・・・

おみくじボックス500個

それまでは、サーバー1~2はそれなりに埋まっていたような覚えがありますが、

さらに少なくなっていっていました。

 

おみくじボックスからの福の神・レアボスでの金策なんかも、

相場はがた落ちでしたからね・・・

ここから、VIPスロットにすら足を運ばなくなりました。

 

ただ、当時のすごろくはオートマッチングがなかったため、

パーティを組んでから行く必要があったので、

俺にとってはかなりハードルが高かったですね・・・

 

もちろん、1人でも遊べるわけですが、

稼げるコインの数が段違いなわけで(´・ω・`

 

緑玉やカジノサーバー1の募集に乗ってみたり、

自分から募集をかけてみたりして、どうにか参加していたんですけど、

正直、精神的にきついのでオートマッチングが出来るまではほぼ放置になっていました。

 

オートマッチングが実装されてからは、ぼちぼち通うようにしていましたが、

この作業感が面白くない(´・ω・`

 

たまに、わいわい出来ることもありましたが、

レアケースでしたね・・・

 

そこで出した結論は、4垢にして一人で出来るようにするでした(・∀・)

    この当時はまだ2垢でした。

 

2015年の年末に3垢目を、2016年の春先に4垢目を作成し、

そこから週に数回すごろくに通うようになりました。

1人で出来る気楽さよ(・∀・)

 

ただ、4キャラ分カジノまで移動するのが面倒でしたけどね(´・ω・`

さらには、獲得したアクセによる倉庫圧迫が・・・orz

 

ただ、大量のおみくじボックスを交換して、

福の神やレアボスのストックが貯まっては消費し、

尽きかけたらまたすごろくに足を運ぶの繰り返していました。

 

おかげで、カジノチケットの消費ははかどらず、

全キャラ100枚以上所持している状態に(´・ω・`

どこかですごろくにこもって消費しようとはしているんですけどね・・・

 

そんな感じで、あれだけ通っていたスロットやポーカーには見向きもしなくなっていました。

 

そして、現在。

この記事を書こうと思って、久しぶりに2階とVIPに行ってみたのですが、

埋まっていたのはサーバー1のテラス席くらいで、

他はもう、ガラガラの状態でしたね。

 

テラス席ですら、ちょっと待てば座れるくらいでしたけど・・・

 

そして、VIPでポーカーとスロットを遊んでみましたが、

10分と経たないうちに席を立っていました。

 

あれ?こんなに面白くなかったっけ?

 

昔は、どうやって稼ぐか試行錯誤しながら遊んでいたので、

それが楽しかったんでしょうね。

 

今は300万枚ほど常に保持しているので、

数万枚負けてもなんとも思わなくなりましたし、

減った分はすごろくで稼げばいいわけですからね。

 

考える楽しさも、大当たりした時の喜びもそりゃないわけですよ。

 

そんな感じで、個人的にはカジノはVer2と共に終わってしまったのだと考えています。

すごろくによるばら撒きがなければ、まだ復活する手立てもあったように思うんですけどね。

 

結局、運営的にはカジノはどうしたかったのか?

それだけは気がかりです。

 

これで全6回におよびカジノの歴史を振り返ってみたわけですが、

1つのコンテンツの始まりと終了を改めて纏めてみると、

なかなか感慨深いものがありますね。

 

どんどん新コンテンツが登場する中、

過去のコンテンツが置き去りにされているのを見せつけられたような気もしますが。

 

とにかく、これにてカジノの歴史を振り返るシリーズは終了です!

ここまで読んでいただきありがとうございました!


最後まで読んでいただいてありがとうございます。
少しでもお役にたったなら、ポチッとお願いします。